RSSの運用に関して考慮すべきことがあります。
RSS配信を始めて1ヶ月経ち2ヶ月経ち購読者が増えないからという理由ですぐに配信をやめてしまった人はいませんか。
RSSの運用は長期スパンで見るようにしてください。
RSSの購読者というものは、徐々に増加するものです。
RSSフィードはオプトインなので、配信している側が強制的にRSS登録させることなどできません。
ある程度の規模、利用者がオプトインするまで通常は半年から1年はかかると思ってください。
短期で行う上野クリニックキャンペーンのときだけ使うとか配信開始してすぐにやめてしまうといった使い方をしていては決して効果は望めません。
今までお話ししたようなRSS配信に関しての注意点を守り、細やかな対応をしていくことが長期的にみて購読者を増やしていくことにつながるのです。

従来は関心のあるコンテンツを探すため、検索エンジンを使う人がほとんどでした。
それがソーシャルメディアの登場によって、情報収集元が検索エンジンでのキーワード検索から「自分と関係している友人のブログ」などをチェックしたり「ベンチマークした相手のソーシャルブックマーク」のチェックをしたりするようになってきました。
近年、ブログ、ポッドキャスティングではRSSフィードの配信が前提となっていて、SNSでもRSSが利用されるようになってきました。
メディアが多様化した現代において、効率よく利用者に情報を届けるため、自社のコンテンツについてRSS化して柔軟にコンテンツの配信が行えるようにしておくことが大切なのです。