農業団体はTPPに対して、一斉に反発しています。
TPPによって貿易関税が撤廃されようとしています。
そうなれば、日本の農業は安い外国産に太刀打ちできなくなってしまうのです。
それは日本の農業の崩壊を意味しています。
食料自給率は以前から下がっていますが、TPPを締結することによってさらに下がっていくことは明らかなようです。
いままでは日本の農業は政府から保護されてきました。
それが、世界の競争の只中に置かれてしまうのです。
一般の消費者にとってみれはどうでしょうか。カリビアンドットコム
安い商品が入ってくるのであれば、それらを購入したいと思っている人も多いでしょう。
また、安全性に問題があると思うのであれば、国産にこだわる人もいるのです。
それは価格だけではなく、品質も重要なポイントであると考えられるのです。
海外の商品ばかりを購入していたら、国内の産業がなくなってしまうことは誰でもわかりますよね。
しかし、外国から入ってくる安い農産物は、日本向けに作られているわけではありません。
日本人が好む農産物と外国で生産されているものが必ずしも一致するとは限らないのです。
日本の農家はTPPの締結に関わらず、安心できる品質の高い農産物を消費者に提供することによって、海外との差別化を図ることが必要です。
TPPに反対するばかりではなく、自分たちにできることを模索していかなければならないのです。
その工夫が足りたいために、農家の意見が多くの消費者にとって、説得力を持たないのではないでしょうか。